新規スクーター50ccのレースカテゴリであるオールジャパン様などによる「FP4-50」や近畿スポーツランド様の「SN50」、四国方面で開催される「4スト50スクーター」関連レース等の3地域では同一車両での相互交流が行いやすいよう都度連携調整を頂いており、2019年レギュレーションからスズキ系やホンダ系車両に関して大きな変更がありました。

特にスズキ系とホンダ系に関して、LAPタイムで数秒単位での向上もありえる内容となっておりますので実際の交換手順の紹介と共に、マルチ杯での新規クラスFP4-50との違いをざっくりと紹介いたします ※詳細な検証は行っておりません。

レギュレーション変更のポイント解説

2019年のスクーター50cc関連の大きなレギュレーション変更ポイントとしては

「スズキ、ホンダのフロント回りは他社含め流用交換が可能」

  ※マルチ杯FP4-50は不可(下記参照)、四国はホンダ系不可

「350タイヤ装着の為のセルモーター取り外しが可能」(SN50)

「同一メーカーのフロント回りは流用可能」(マルチ杯FP4-50)

「入賞者に対してのウエイト追加規制」(マルチ杯FP4-50)

  ※SN50は車両などのスペックも考慮した層別でのトータル的な規制

となっております。

スズキ、ホンダの限定的な変更はオイル式に比べ性能面で問題を抱えるグリス式フロントフォーク車両や空冷車両への救済を意図して変更可となりました。

特にスズキ系車両には制御不能な形で転倒してしまう弱いフロントフォークがネックとなっていましたので大幅な戦闘力向上と成ります。

レッツ4(CA41)のフロントフォーク流用交換例

今回は4stJOG系オイルダンパー式フロントフォーク(ドラムブレーキ→ドラムブレーキ)への交換を紹介いたします。

細部は違いますがヤマハ系スクーターのフロントフォーク全般が流用可能と思われ、現行のCA45やCA43のレッツ4やレッツ5にアドレスV50のスズキ50ccの4st車両全てに適応できる内容と思われます。

アップグレードに向けて交換するフロントフォークはヤマハJOG(SA36J)のドラムブレーキ仕様車のフロント回り(ワイヤから先のドラムブレーキ込み)セットです。

中古品の流通に関してJOG系はスズキ系と違い弾数はマシな方でヤフオクにて送料込み13,000円程度でした。

まず走行での結果から言うと試乗したライダー全てから高評価でした。

立ち上がりでおきるフロントの制御不能な不安感が消えただけでなく、コーナーリング性能が飛躍的に上がったようでした。

あるライダーは「ヒラヒラ感のある超レーサーな乗り味」と大絶賛でした。

流用での適合性に付いてはステム固定のセンターナットが1つしか使えないようになってしまいますがネジロックの使用か定期的な増し締めで問題は解決できます。

使用した工具です。

・ドライバー類

・14と17mm系のレンチ

・6mmヘキサゴン系レンチ

・ハンドソー(フロントフェンダー加工)

・タガネ

・ハンマー

・ノギス

・ニッパ

・7mmのドリルと電動ツール

それと画像には載っていませんがディスクグラインダーは必須です。

それでは作業の手順を説明いたします。

 1, 準備段階

ジャッキアップ(パーツBOXなどでのリフトでも可)をしてフロントカウルの取れ外しを行います。

JOG側の準備としてホイールの取外し(カラーの紛失に注意)

 2, タイヤの取外し

フロントフェンダーもこの際外しておいても良いと思います。

 3, ハンドルの取外し

ステム接続ネジ2箇所を取り外して左右にこじりながら引き抜きます。

 4, ステムの取外し

ステムの取外し、上側のセンターナットをタガネなどで叩いて緩め、ウォーターポンププライヤで下側ナットをゆるめます。

 5, ステム下側のレースとベアリングの交換

ステムベアリングですがJOG用が平型、レッツ用がテーパー型のためステムのレースをテーパー型へと交換します。

今回はホンダ用のレースがありましたので流用しました。

タガネ(もしくは禁断のマイナスドライバーでも可)をレースの下部へ前後左右から叩きながら打ち込み2センチ程動けばスッと取れます。

逆の手順で新品レースはハンマーで変形しないように叩きいれます。

プラハンか無い場合はウエスなど当てて慎重に叩きましょう。

 6, JOGステムのボルト接触部分のグラインダー加工

仮組みしてハンドルポスト部の締め上げボルトが通る部分にマーキングを行います。

30秒程で削れました。

 7, JOG用ステム取り付け

カラー部などは綺麗にしてベアリングに適当なグリスを塗り組み付けましょう。

センターロックナットは着かなかったですが、レースの選定などで着く可能性もあります。

センターナットはネジロック材があれば塗布してハンドルを取付してください。

  8, ブレーキドラムの装着

ブレーキレバーをそのまま活かしたかったのでレッツのワイヤーを使いドラム部分でJOGとの連結を行います。

ここでレッツとジョグのワイヤーホルダ部の径が違うためにドラムのワイヤーホルダ連結部の穴を広げないといけません。


アルミなのでサクサク広がります

ワイヤーの長さが少し足りなかったのでレバー部を1ノッチ動かします。

取付でシャフトが奥に入り込んでうまくボルトが入らない場合があるようです。

 9, フェンダーの取付

簡易的ですが今回は結束バンドで取り付けました。

フォークに当たる部分とステム下部の出っ張りが当たるので大きくハンドソーでカットして、穴をあけて取り付けます。

 10, 出来上がりを眺めながら自己満足に浸る

セッティング的な調整としてはリアサスがいよいよノーマルでは物足りなくなりそうです。

しかし、2019年のSN50などは干渉するセルモーターを外して350タイヤを装着する事が出来るようになるそうですので、リアの車高が高くなるから要らないかもなんて話も上がってます。

2019年の新規50ccスクーターレースは更に戦力が拮抗してきましたのでさらに混戦必須、面白いクラスとなりそうです。

・2019オールジャパンミニバイクレース車両規定

http://alljapanminibikerace.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

・2019近畿スポーツランド杯車両規定

近日公開予定

・徳島ミニバイクレースホームページ

http://uzushior.sports.coocan.jp/

※徳島のレースではホンダ系の改造が不可の予定など違いもありますのでホームページなどで都度確認はしてください。

・サーキット秋ヶ瀬HP

http://www.akigase.co.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中