・スクーターレース選手会活動内容

スクーターレース運営に関して情報の受発信を軸として、「事案の検証」 「事案への判断提示」 「レース運営の相談」 「経験者派遣」 「車両規則の調和と調整」「高度な競技水準を有する者の活用」 「国際レースの参加支援」 「スクーターレース審議会の発議」 「指導者の育成」 「交流の推進」 「事故防止」 「研究の促進」「新規クラスの立上げ」その他、現場情報や検証に関しての支援全般。
※上記「情報」には「車両特性」「車両安全性」「車両間の公平性判断」「不正改造技術」「レース全般の運営」等の現場情報全体を軸とする。

 ・会員規定

<会員の権利>
1, 会員に対しては役員会で提示する情報や各種団体からの情報を随時に受け取る事が出来る。
2, 事案に付いての発議依頼を行う事が出来る
3, レース主催者の配慮が有った際などは(PITスペース割り当て等)、優先権が与えられる場合がある。
4, 会員の起案事項が発議と至った場合、役員間の判断で会議参加を認める

<会員登録>
1, 会員は所定の申込用紙に必要事項を記入し、役員または事務局まで送付する。

<退会>
1, 役員に対して、その旨を連絡する。

 ・役員規定

<役員の権利>
1, 事案に対しての協議に参加出来る。
2, 議案採択の際、賛成と拒否の権利が与えられる
3, 新規役員の推薦
4,課題があがった車両規則等の事案に対して、主催者から選手会へ車両規則に事前信任が得られた場合、主催者と連携を行いながら現場単位(レース単位)での仮レギュレーションや救済処置の設定が出来る。

役員の登録
1, 役員の推薦を受け、既存役員の100%賛成にて登録

役員の解任
1, 自身の申し出による

 ・運営規定

<起案発議について(受付)>
下記11項目について文章に起こし、役員に提出 (特に起案要請の場合、文書での提出は必須)
※情報展開の場合は1~7項目の整理が望ましい。
1, 起案レベル (現場意見の情報展開、個人的なレギュ詳細確認、レギュ改正、団体よりの依頼、新提案、その他)
2,いつ
3,誰が
4,どこで
5,クラスと対象レース
6,対象車種
7,内容詳細
8,考えられる良い影響
9,考えられる悪い影響
10,自身の意見
11,内容について、各レース主催者への進言要否

 ・議案内容種

1,レギュ改正に関する大きな決議
2,グレーゾーンに対する問い合わせの決議
3,公的な活動報告
4,レース関連の情報(緊急連絡、レース予定、リザルト等)
5,新規参加者支援の車両部品情報
(レース入賞者有志によるの使用品番情報開示、エンジンパーツ含む)
6,便利情報開示(レーシングスタンドの情報とか、燃調や点火MAP情報)
7,起案依頼

 ・協議手法

A,WEBサイト(1,3,4,5,6)
B,役員間での電子会議(1,2,3,4,7)
C,会員への電子メール等案内(1,4)
D,イベント時での現場連絡(1,2)